月刊「こどもの本」 2017年1月号

日本児童図書出版協会発行の月刊誌 『こどもの本』 2017年1月号・「私の新刊」のコーナーに、『金魚たちの放課後』(小学館)について、掲載していただきました。

kodomonohon201701-2

毎月、物語、絵本、ノンフィクション、翻訳と、幅広く新刊が紹介されていて、児童書の新刊チェックに重宝している『こどもの本』。
なかでも、作者が自作について紹介する「私の新刊」はあこがれのコーナーでした。
物語の舞台となった「金魚畑」との出会いや、”金魚”に着眼した作品になったいきさつについて書いています。
「私の新刊」は最新号/バックナンバー問わず、『こどもの本』のWEBサイトでも全文を読むことができます。
WEB版はこちら!
この原稿を書いていて、思い出しました。
『金魚たちの放課後』を書くにあたって、何度も東京某区へ足を運んだのですが、訪れるたびに妙なものに出くわし・・・。
字数の関係、かつ、作品から脱線するため書ききれなかったあれこれ(ちょっとオカルトも入ってます)については、そのうちこちらにアップしていきたいと思います。

秋に産まれた赤子のお世話に忙殺され、この数カ月間、まともにパソコンに向かえていない状態でしたが、年明けからは、ぼちぼち新しい作品にもとりかかりたいです!

2 thoughts on “月刊「こどもの本」 2017年1月号

  1. 匿名

    55歳のおじさんです。「バターサンドの夜」を拝読しました。こんなに心に沁みる作品はひさしぶりでした。これからお書きになっている作品を読んでいこうと思っています。ステキな小説の世界に身を浸すことができて、幸せな新年のスタートになりました。ありがとうございました。

    1. black-nico Post author

      ありがとうございます!
      あのデビュー作は、きっとあの時期にしか書けなかった小説だったのだろうな……と思うからこそ、いまもしみじみと、大事な大事な作品です。
      こちらこそ、新しい年のはじめにこのような感想をいただけてとてもうれしく、
      この先もそんなふうに感じていただけるような作品を書いていきたいなと、気合いが入ります。
      遅筆ではありますが、書きたいものはまだまだありますので、どうぞ楽しみに待っていてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。