上半期いろいろ

ずいぶんひさびさの更新になってしまいました。

「いろいろ」といえるほどたくさんはないのですが、いくつかここ数か月の執筆関係でお知らせを。。。

鬼ケ島通信50+17

6月末発行の 『鬼ケ島通信 50+17号(2016年夏号)』 に、短編「向ケ崎の学者さん」が掲載されました。
以前書いた長編の一部(未発表)に加筆修正したものです。
今号、次号の2号に分けて発表します。
思い入れの深い作品が、お蔵入りすることなく、こうしてぶじ日の目を見る機会ができました。

東欧絵本のような幻想的な表紙絵は、出久根育さん。
今号は、連載のほか、先日亡くなられた末吉暁子さんへの追悼文、佐藤さとるさんのエッセイ、片川優子さんによる遠野・花巻合宿レポートなど。
創作特集は「かし」で、内田鱗太郎さん、斉藤洋さん、みうらかれんさん、斉藤倫さん、降矢奈々さんが寄稿してくださいました。
執筆陣・内容とも、バラエティー豊かな最新号となっています。

「鬼ケ島通信」の目次・お申込み方法などはこちらから。

 

s-yomiuri20160530

読売新聞5月30日(土)の夕刊には、『向かい風に髪なびかせて』 の記事を掲載いただきました。
中学生記者が取り上げた本に対し、おとな(作家の石井睦美さん)がコメントを寄せる、「こどもの目、おとなの目」というコーナー。

登場人物を”読者に好かれるように”描くことは、わたしにとって最重要事項ではないのですが、
「好きじゃない」って言われると地味にへこむし(でも懲りませんけど)
直球で描いた主人公たちを、こうして「共感しやすく、好きになれます」と言ってくださっていると、やっぱりうれしいですv
じわじわしっかり中学生の手に届いているんだな・・・。

 

YA作家クラブの会員インタビューYA★バトンpart3」にも回答を寄せています。

質問は、次の3つ。

・20歳になるまでに読んでおいた方がいい本があれば教えてください。

・読書が苦手です。どうしたら本が好きになれますか。

・なにを使って執筆していますか。(文具名やソフト名等)

掲載月を確認したところ、なんと3月!!
ここ数か月間は、もろもろの事情で半分引きこもり状態だったとはいえ、WEBの更新まで、怠りすぎでしたね。
お知らせまで、こんなにも時間がたってしまってスミマセン。

 

ですが、引きこもりのかいもあり、9月に小学館より新刊が発売となります!
河合二湖、4冊目の単行本です。
2冊目と3冊目の間は4年もあいてしまいましたけど、前作の刊行から1年半、ぶじ本にしていただけてよかった・・・。

詳細は、また別記事でお知らせしますね。
かれこれ15年くらいあたためてきた素材をかたちにすることができて、感無量です。
品よくカラフルで楽しげなカバーデザインもお楽しみに!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。